閉じる
X

ブロシュアーダウンロード

CopyMonitorの機能や特長を紹介するブロシュアーをダウンロードいただけます。
必要事項をご記入下さいませ。

お名前*

メールアドレス*

電話番号*

機関・会社名 (組織・団体名)*

KeyBanner

著作物のオリジナリティーを守る!

CopyMonitor(コピーモニター)とは、
著作物をインターネット上のあらゆる情報や
独自の文書データベースと比較し、
文書同士がどれだけ類似しているかを
判定するソリューションです。

料金案内

ユーザビリティーが高い!

CopyMonitorはクラウドサービスで、
サーバーやPCにインストールすることなく、
どこでもいつでも類似度チェックサービスを提供します。

CopyMonitor Bridgeは、
機関システムまたはLMSと連動し、
機関システムに提出される文書を
自動に類似度チェックします。

詳細を見る

機関の信頼性を守る!

論文の盗用問題やレポートの剽窃問題は
機関の信頼を落とす可能性があります。
この問題を防ぐために正確な類似度チェック
サービスをご利用ください。

✔ 類似度チェックの時間を短縮
✔ オリジナリティを確認
✔ 著者の正しい引用規則の促進

詳細を見る

CopyMonitorの5つの特徴

類似度チェックの速さ
数分以内に類似度チェックの
結果の確認が可能
イメージPDFのチェック
スキャン文書のテキスト抽出(OCR)チェックが可能 ※手書きは類似度チェック不可
縦書き文書も認識
縦書き文書の類似度チェック
及び比較文書の登録可能
一般用語の除外

一 般用語とは、日常的によく
使われている表現で文書同士の内容と
一 致する確率が高いため、
類似度で認識される用語です

一般用語、科学用語など類似度の範囲内から除外。 機関がよく使う用語を一般用語として登録が可能
比較文書の登録
個人及び機関の文書を
登録して比較チェックが可能

お客様の声

明治大学

情報メディア部

筧直之

CopyMonitorを選定された決定理由は何だったのでしょうか。

導入を決定する前に,1ヶ月間の無料トライアルを利用しました。
全学部から合計約30名の教員に参加いただき,実際の授業でCopyMonitorを使用してもらいました。
トライアル終了後に,参加した教員からCopyMonitorの機能,操作性,精度,スピードなどの
評価をしてもらい,概ね良好な結果が得られました。
他サービスと比べて価格面でも優位でしたし,さらにトライアルで機能面での有効性も確認できたため,
導入担当者としても安心して導入することができました。

引用の書き方を指導でき、どこでもアクセスできる
論文作成指導の際に学生に直接チェック結果を示すことで、引用の書き方などを指導できるので重宝しています。
また、テレワークの機会が増える中で、
家からも職場からもアクセスできるので 使い勝手が非常に良いです。
R 大学の教員
使用感がよく、剽窃認識を高めるのに効果がある
学生のレポートや記述問題の回答の類似度チェックに活用しています。
チェック速度が早く、結果確認の内容も分かりやすいです。
ツールを使う前より細かくチェックができるようになりました。
他意や悪意がなくても剽窃、盗用となることがあるので、事例を提示するとそれだけで教育効果があります。
C 大学の教員
データベースや機能が充実している
学術文書のデータベースが充実しており、チェックの速度や精度などの機能も十分ですし、
小規模な研究室でも導入しやすいプランが準備されているのもありがたいと思います。
S 大学の教員

導入事例

※ 導入事例の一部です。

商品紹介

CopyMonitor

機関/個人のお客様が使用するクラウドサービスです。
著作物を国内及び国際的な学術文書やウェブコンテンツ、そして会員が指定したドキュメントが含まれる
CopyMonitor 独自の文書データベースと比較し、文書同士がどれだけ類似しているかを判定します。

強み
  • ソフトのインストールの必
    要がないので登録後すぐに
    利用可能
    となります。
    また、機関以外のPCでも
    ネットの接続ができれば
    利用が可能です。
  • ウェブ上での利用のため、
    機関のサーバや
    ユーザーのPCに
    負担がかかりません。
  • 機関お客様の専用ページを
    開設
    します。
    当該機関の所属の方のみ
    ご利用いただけます。
お勧めのお客様
    • 機関全体で導入はむずかしいが学科などの小グループ単位で導入を検討している方
    • 大学の場合、教職員が自身の研究論文のチェックや、学生のレポート、試験の解答などを
      チェックすることを検討している方 ※「大学の学部生の利用も含めて導入可能です
    • 個人用ライセンスの利用で、自身の著作物の類似度チェックをご希望の方

CopyMonitor Bridge

機関システムまたはLMSと連動し、機関システムに提出される文書を自動に類似度チェックします。
システム内で類似度チェックの設定、結果確認ができます。

強み
  • 機関システムに提出される
    文書を自動的に
    類似度チェック
    できます。
    また、類似度チェックされたデータが比較データとして蓄積されます。
  • 機関システム内で
    使用者が゙直接
    類似度チェックの
    設定が可能
    であるため、
    大変便利です。
  • 提出物の類似度
    チェックの結果を
    提出者が確認できる
    設定も可能
    です。
お勧めのお客様
    • 生徒の指導、査読者の類似度チェックなどの使用頻度が多い機関
    • 機関システムに提出される著作物を自動的に類似度チェック及び
      比較文書として蓄積させたいとお考えの機関
    • 機関に提出する著作物の類似度チェックをルール化させたい機関

ご利用方法

  • チェック範囲を設定

    チェック範囲、
    比較範囲などの
    設定をします。

  • 文書アップロード

    ファイルの添付
    または直接入力で
    文書をアップロードします。

  • 類似度チェック

    様々な比較対象と
    類似度チェックを
    行います。

  • 結果確認

    詳細結果を確認し、
    レポートは
    PDFファイルとして
    ダウンロード可能です。

他社有料製品との性能比較

CopyMonitor(コピーモニター)は他社の有料製品と比較しても幅広い性能を持っており、

また弊社で実施した比較検査では類似度の検出速度と精度のどちらも約2倍というテスト結果を誇っています。

 他社有料製品A他社有料製品B
複数の文書を同時にチェックする平均時間(※) 2分 2~3分 1分以内
インターネット上の記事や著作物に対する平均類似度(※) 45% 35% 90%
画像ファイル内の文字のOCRチェック可能 X X O
貴学独自のデータベースを比較対象として登録可能 X X O
一般用語や専門用語、固有名詞を除外 X X O
縦書きの文書を認識 X O
句読点の認識(, . 。、「」) X X O
ユーザーの文書を比較文書としてアップロードする機能 O O
1:1又は1:Nの比較設定の選択 制限あり O O
ダウンロード可能な様々なタイプのレポートの発行 O O
ソフトウェアのインストール不要で使用可能 O O

※ 弊社が行った類似度検出テストの結果から算出(ターゲット文書:30 ファイル) テスト基準日:2021年4月

コピーモニターのブロシュアーをダウンロードいただけます。